U字ロックの暗証番号を誕生日にしていたら自転車を盗まれた。

u_lock多くの自転車には、標準装備として前輪に簡単なカギが装着されています。このカギが簡単に外されてしまうため、その後後輪をリング状に覆うような形式のカギが登場しました。

しかしそれも、ちょっと手を加えると簡単に外されてしまうため、多くの自転車ユーザーはワイヤーロックやチェーンロックといった独自に外付けのカギを購入し、複数のカギで施錠することによってセキュリティー性能を高めています。しかしチェーンロックのチェーンは簡単な工具があれば短時間で切断されてしまうので、実効性からみればセキュリティー性能が高いとは言えないでしょう。さらにワイヤーロックのワイヤーにいたっても、その強度は太さによりますが、やはりある程度の工具で短時間での切断が可能です。

そこでさらに強度を高め、切断に対して一定以上の強度を持たせようと考案されたのが「U字ロック」です。U字ロックはアルファベットのUの形状が似ていることからその名前が付けられた、盗難防止防犯用具のひとつです。U字ロックはほかのチェーンロックやワイヤーロックと異なり、切断にはガスバーナーやスライダーカッターなどの大掛かりな工具が必要になりますし、そうして実際に切断しようとすれば大きな音や火花が散るため、現実的にはそう簡単に盗むことは出来なくなるというわけなのです。

しかしU字ロック自体のセキュリティー性能がどれほど高いとしても、カギを失くしてしまったり、あるいはダイヤル式の番号をキチンと毎回ずらしていなければ、やはり簡単に解錠されてしまう場合があるかもしれません。特にダイヤル番号を設定できるタイプについては、定期的に暗証番号を変更することによって防犯性能をアップできる半面、持ち主本人が番号を覚えられなくなり、ついつい簡単な番号に設定しがちになるという弱点もあります。特に誕生日などの個人情報で比較的に特定されやすいものは、極力避けた方が良いと言えるでしょう。