抜けにくい鍵をイライラしながら引っ張ったら折れちゃった

カギのトラブルについて非常に多いのが破損と紛失です。どちらも非常に厄介な事態を引き起こしますが、こと破損について言えば予防する手段があるのと同時に誰にでも感じ取れる「予兆」が起きている場合が多いと言えます。にもかかわらず、カギの破損トラブルは後を絶たないばかりか、近年増加傾向にあり問題も深刻化していることが多いようです。ここではカギの破損トラブルの増加原因と、その予防を考えてみようと思います。

カギの破損トラブルは合い鍵や他の解錠手段がない場合、その時点で開錠不能がほぼ確定するトラブルです。なかでももっとも厄介なのが折れたカギの破片がカギ穴に残ったまま取れなくなるというパターンでしょう。

カギの多くは硬い金属製であり、そう簡単に破損するものではないという印象を受けますが、毎日使うことで金属疲労が蓄積するのとともに、持ち歩くなかで、たとえば鞄のなかの他の金属(多くはほかのカギ)とこすれ合い、摩耗していくという現実があります。
一度傷や歪みが生じたカギは、微妙な誤差によって動作不良を起こしやすくなります。カギ穴にカギを差し込んで、何かが引っかかったような回りにくさを感じたなら、カギの一部に摩耗やキズが生じているのかもしれません。
ズレが生じたカギは、使用されるごとにさらなるダメージを受けるという悪循環を繰り返して劣化していきます。最後にはカギ穴から抜けなくなり、無理に力を加えることで折れてしまうというわけです。

近年こうしたトラブルが増加した原因のひとつが、カギと錠前の高性能化があります。ピッキング被害が増加するにつれ、対策を盛り込んだ「高性能」のカギが登場しましたが、これはすなわち「高精度」のカギでもあったのです。精度が高ければ、少しの誤差でもカギは開きにくくなります。このことが、よりカギにダメージを与え破損を早めているというのは、防犯対策上仕方ないとしても皮肉な結果と言えるでしょう。